弁護士のメリット


損害保険会社の内部基準が、任意保険基準であり、各社毎に異なるし、内容も非公開です。しかし保険会社はやっぱり保険料を多く交通事故に遭った人たちに支払いしたいとは全然思ってません。

自賠責基準よりは高額ということは充分考えることが出来ますが、任意保険基準は、絶対的に裁判基準より低いと考えてください。だから交通事故に遭った人たちは、出来る限り慰謝料を多く請求したいという場合、裁判基準を意識していかなければなりません。

つまりそれはイコール弁護士に依頼するということなのです。裁判基準とは、裁判例の蓄積によってできた基準のことであって、日弁連交通事故相談センターの発行する「赤い本」や「青本」と言われる冊子にまとめられているものです。

弁護士に依頼すること自体が面倒くさい、敷居が高いと考えるのかもしれません。しかし、交通事故の慰謝料増額を可能にするには弁護士へ依頼することが一番手っ取り早く、そして最大の近道だということを理解してもらいたい。

自賠責基準で慰謝料が支払いされた場合と、裁判基準が使用された場合では、100万円もの違いがあると言います。 更に交通事故時の相手(またはその任意保険会社)との示談交渉のケースも弁護士に依頼すればかなりの金銭の増額を期待できます。