保険会社に任せれば安心?


慰謝料を保険会社に任せておけば安心というモチベーションは知らず知らず生まれてしまっているのではないでしょうか。兎に角交通事故に遭った人たちは、パニック状態で何をしていいか全然判らないというケースがほとんどです。

そのようなとき、保険会社はとても頼もしい存在に見えてしまうものですが、保険会社に頼りっぱなしということになれば、慰謝料の基準として、裁判基準が使用されるケースはまずないと考えてください。

どのような方法で、裁判基準で慰謝料について語ることが出来るのかといえば、それは弁護士に依頼してからです。

慰謝料はやっぱり誰もが一番高い価格で請求したいと考えているはずです。 自賠責基準という場合、自賠法によって法定されているものであり、入通院慰謝料は1日あたり4200円です。全治療期間は、入院期間と通院期間を足した日数となり、治療している期間で、実際に通院をした日数が実通院数とされています。 比較して、少ない日数の分が支払いされることになります。本当に最低レベルの基準値という考えに基づかれて設定されているものです。

任意保険基準というものの、それは損害保険会社の内部基準であり、やっぱり出来る限り低く抑えようとするモチベーションは存在してしまっているようです。