慰謝料の基準

交通事故で慰謝料を請求する体験って、みなさんが想像している以上難しいと考えてもいいでしょう。 交通事故にあったとき、入通院慰謝料や、後遺症慰謝料などを請求することになります。

ズバリ、慰謝料という性質は、精神的な苦痛に対して支払われるものであり、同じ怪我や障害だとしても、精神的苦痛はまさに人それぞれだから、外面上の金額が決定してないという難しい面があります。

しかし案件ごとに全く金額が違うというのでは、本当に何をしていいか判らないので、自賠責基準、任意保険基準、裁判基準と言った計算式は存在しています。

自賠責基準は、法律上の強制保険である自賠責保険の支払基準と考えてください。一番最低レベルの慰謝料です。次には、任意保険基準があります。任意保険基準では、入院と通院によって計算されますが、弁護士に依頼するよりも低い基準と考えてください。保険会社は任意保険基準を基準にして慰謝料について考えています。

更に裁判基準という考えが慰謝料にはあります。 それは過去の判例を基に作られた計算式であり、もっとも高い慰謝料が請求されるためには、裁判基準の基準に従うということになります。慰謝料額の算定を保険会社に任せておけば安心ということでは全然ないのです。